やっとここまで…^^;

ハワイアンキルト
02 /28 2007


予定では、もうちょっと早く完成させるはずだったのですが
ここ最近、ちょっと忙しくしていたので、チクチク時間がとれませんでした^^;
やっとキルトが完成し、あとは仕立てるだけです!!
なんとか、お誕生日には間にあいそうでほっとしています^^
スポンサーサイト

カリスマファブリックシャープペンシル

キルト道具
02 /20 2007

これを買ったのは、東京ドームのキルトフェスティバルが終わってしばらくしてから。
キルトフェスティバルでも興味津々だったのですが、定価通りの値段だったし
布用のシャープペンってどうなのよ?すぐに芯が折れちゃうんじゃないの?という
疑問があったので、キルトフェスティバルでは買いませんでした^^;
でも、ABCクラフトにふらっと立ち寄った時、このカリスマシャーペンは
大人気らしく、品薄状態!!
この機会を逃したら、当分手に入らないかも??と思い買っておきました
ずっと、カリスマシャーペンを使う機会が無かったのですが
最近作っているロケラニのハワイアンキルトのキルトラインを書くのに使ってみました。
これかなりお薦めです!!
今まで使っていたカリスマペンより、全然使いやすいです。
カリスマペンだと、書いているうちに芯がどんどん太くなってしまって
かきにくいなぁと感じてしたんですよね。。。
それに、芯が短くなったら削らなくちゃいけないし…。
カリスマシャーペンは書いていても、全然折れない!!
ちなみに普通のシャープペンの芯と比べてみると…

0.9mmの太さがあるので、かなりしっかりしてます^^
パッチワークとか、ソーイングでも大活躍しそうな感じです。
カリスマシャーペンもお薦めなのですが、消しゴムもかなり気に入ってます!
私は、もともとラインをしっかりと書くほうではないからかもしれませんが
結構綺麗に消えます^^ 鉛筆みたいな形をしてるから消しやすいです♪
ホント、お薦めです~~~。

…追記…
あくまでも、私個人の使い勝手の感想です。
このように感じない方もいらっしゃると思いますのでその点はご了承くださいませ。

トップ完成♪

ハワイアンキルト
02 /18 2007


トップが完成しました。
結局、ボーダーはブルー地でピンクのバラがプリントされているものにしました。
出来上がりサイズを35*35にする予定なのでほとんど、ブルーは見えない感じ。
キルトをすることこが少ないですが、最近全くキルトをしていないので
ちゃんとキルトが出来るかかなり不安^^;

ボーダー選び

ハワイアンキルト
02 /16 2007
ロケラニのアップリケが終わりました^^
このキット、もともとは24*24サイズのミニタペキット。
でも今回は仕立て方を変更して、周りにボーダーをつけることにしました。



在庫している生地で候補にあがったのがこの2種類。
地色がピンクのは、キャシー先生オリジナルハワイアンプリントでモーレア。
以前、ハワイアンパッチのクッションカバーを作ったあの生地です!
ご存知の通り、片側ボーダーなのでこれを使うとなると結構な長さが必要…^^;
地色がブルーの生地もキャシー先生オリジナルの生地。
こちらは、全面ボーダープリント。本当はこれでピンクを使いたいところだったのですが
残念ながら、在庫しているのはこのブルーと黄緑色のみ。



ピンクのを当ててみると、こんな感じに。
なかなか可愛い感じもするけど。。。。。ちょっとラブリーすぎるような??



ブルーのを当ててみるとこんな感じ。
こっちの方が、締まって見えるような気がするけど、色的にはどう??
本当は、これでピンクだったらベストのような気もするけど、このブルーでもおかしくはないかも?


ロケラニ

ハワイアンキルト
02 /15 2007



やりかけのものは色々あるのに
また新たなものに手を出してしまいました^^;
来月に誕生日をひかえているママさんにプレゼントしようと思っているので
今月末までには完成させないと…とちょっとあせってます。
パッチワークにしようかと思ったのですが、柄あわせ、色あわせを考えているうちに
時間がどんどん過ぎてしまいそうだったので今回はパス^^;
ハワイアンも、モノによってはかなり時間がかかるしなるべくなら避けたかったのですが…
でも、在庫しているキットを探してみると結構早めに出来そうなキットを発見!
これならサイズも小さいしいいかも~~^^ なーんて思って昨日しつけをかけ
アップリケを始めたのですが、ロケラニのお花部分の微妙なカーブをまつるのって
結構大変なんですよね…。
(まつりはじめてから気づくなんて遅いですよね^^;)
面倒くさいけど、頑張ろうーっと。。。



Hau Blossom

ハワイ本・キルト本
02 /06 2007
Hau(ハウ)っていうお花をご存知ですか?
英語ではコットンウッド又はビーチハイビスカスと呼ばれているそうです。


近藤 純夫 / 平凡社
Amazonランキング:5147位
Amazonおすすめ度:


以前もこの本をブログで紹介しましたが、Hauが画像入りで載っています。
うーん…見たことがあるような、ないような…^^;
海岸で良く見られ、朝はレモン色、夕方にはオレンジ色に変化するそうです!

今日はこのHauのお花の伝説をご紹介しようかと思います^^
(実は、キルトのネタが無いんです…スミマセン{涙})

Kahanaの近くにPohuehueとKauanaoaという若者がいてお互いは恋人同士。
深く愛し合っておりました。
一緒に釣りをしたり、一緒にkonane(ゲームだそうです)をしたり、
一緒に海辺を散歩したり…。
何をするにも、2人はいつも一緒でした。
ある日、Pohunehueがフラショーに行くのを嫌がり、それが原因で大喧嘩。
怒ったPohunehueはカヌーに乗りラナイ島へ行ってしまいます。

Pohunehueがいなくなり、とても寂しい思いをしていたKauanaoa
彼はすぐに戻ってくると信じ、我慢強く彼が帰ってくるのを待っていました。

一方、ラナイ島にいるPohunehueはビーチの近くに家を作り、
そこで生活をしていました。
ある夜、Kauanaoaの夢を見ます。
それは、黒く輝いた瞳で微笑んでいる彼女の顔。
しかし、彼女の温かく微笑んでいる顔はゆっくりと消えていき…
目を覚ましたPohuehueは家の中を見回しますが、何もいません。
ヤモリの泣き声が聞こえるだけ。

次の朝、Pohuehueはhau treeの林に行き、
黄色いhauの花を摘み、その花を一つ一つやさしく海に投げ入れ
オアフ島の方へ漂っていくのを見ていました。

そのお花たちはKauanaoaが泳いでいるカハナ湾に漂っていきました。
hauの花がKauanaoaの頬をなで、彼女を驚かせます。
でもそれがhauの花とわかると、花を手に取り、自分の方へ花を浮かべます
「そういえば、ビーチへ行ったときはいつも、彼はhauの花をくれたなぁ…」
ということを思い出します。

そして、ついに彼に会いに行こうと決心し
aumakua(神様です)を呼び案内してもらうことにしました。
ラナイ島にたどり着くまで、hauのお花の小道に沿って歩いていくと
彼のカヌーを発見。、めでたく2人は再会を果たし
2人の愛は永遠のものになったのでありました。

そして今でも、多くのビーチ沿いに2人が寄り添いあっている姿を見ることができます。

…という伝説なのですが、和訳するのって難しいです…orz
読めるのだけれど、それを上手く日本語に直すって大変な作業だと実感しました。
翻訳者って凄い!尊敬しちゃいます!!
やっぱり、原書の方が雰囲気がわかって良いかも…^^;

ちょっとした伝説を知っていると、今度ハワイに行ったときに
意識してこのお花を探してしまうかもしれませんね^^
参考までに、今回ご紹介した伝説はこちらの本です。
原書で読んで見たいという方は是非!お薦めです^^


Roy Kakulu Alameida / Bess Pr Inc
Amazonランキング:565533位
Amazonおすすめ度:





キャシー先生の新しい本♪

ハワイアンキルト
02 /02 2007
お教室に通っているのにもかかわらず、何故かキャシーマムクラブに入会しています^^;
昨日キャシーマムクラブプレス (いわゆる会報誌ってやつです)が届きました。
そこには、キャシー先生の近況とかイベント情報とか、通販などが掲載されています。
そして、新しく発売される本のことが!
新しい本が出るよ~とは聞いていたのですが、いつ頃なのかどんな感じの本なのかは
全くわからなかったので、ここでようやく情報を得る事ができました。

3月 オハナ・キャシーマム (これって季刊誌ですよね??買ってないけど^^;)
4月 ハワイアンキルトの小物達3
5月 サンプラーズキルト

ハワイアンキルトの小物達というのは想像がつくけど
サンプラーズキルトってどんなのなんでしょう??
ハワインキルトだけと言うわけではないのかな?

あとは毎年、鎌倉プリンスホテルで開催されるハワイアンキルト展、今年は4月ですね~
4月5日~8日です。
私は一度も行ったことがありませんが、素敵らしいですね^^

 nao

ハワイアンキルトのお教室を辞め
全く手芸から遠ざかっています。
ここ最近はラスベガスにはまってしまい
毎年のようにベガスに行っています。

本サイト→Quilt de Hawaii
旅行記→Travel★Travel

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。